最新の義歯の種類(保険外の義歯)

当院では総入れ歯・義歯の材質について、まず患者さまのご希望をお聞きし、次に患者さまの口の中の状態やアレルギーがあるかどうか診査し、もっとも良いと思われる方法を提示させて頂きます。そして、最後に患者さまに決めて頂いております。

総義歯の種類

◆ レジン義歯床

一番多く使われる材料ですが、従来の製作法ですと、レジン製の総入れ歯・義歯は生成時に収縮しやすく、また厚みもあるため、違和感があると言われていました。しかし、当院では「シラシステム」という、超精密な入れ歯・義歯を作る製法にておつくりしますので、非常に薄くてフィットする総入れ歯・義歯を作ることが可能です。(ただし下の総入れ歯・義歯は、あごの土手の状態により、厚くなることがあります)

◆ 金属義歯床

総入れ歯・義歯の床を金属でおつくりするので、丈夫で落としても割れづらく、また耐久性がよく、熱が伝わりやすいので、お食事の熱さや冷たさをそのまま感じることができます。また、非常に薄いため違和感が少なく、3種類の材料の中では一番しゃべりやすいと思います。

【金属の種類】
コバルトクロム
白金加金
チタン(軽くて丈夫でよいのですが、電磁波の問題があり、当院では使用しておりません)

◆ コンフォート(生体シリコン)義歯床

コンフォートは硬い入れ歯・義歯の裏面を、生体シリコンというクッションで覆った総入れ歯・義歯です。生体シリコンは弾性があり、入れ歯・義歯でグッと噛んだときの、歯ぐきにかかる負担をやわらげるとともに、吸盤のように密閉性があるので、吸着力がよいことが特長です。しかし、入れ歯・義歯の厚みが増すため、患者さまによっては違和感を覚える場合もございます。

◆ ポリカーボネート樹脂

レジンと同じくプラスチック素材ですが、吸水性が低いため、入れ歯・義歯の臭いが気にならないのが特長です。また、ポリカードネート樹脂は、完全に重合する(固まる)ため、モノマーが溶けだして人体に影響を与えることはありません。過敏症やアレルギー症の方におすすめです。